photo
photo
photo
 2010/9/4(土)第3回 テーマ食材:ピーマン&ゴーヤ 
9/4(土)に宇城彩館3回目の野菜ソムリエによる、料理教室が開催されました。
告知を見て早くからお越しいただいたお客様、お買い物途中に足を止めて参加していただいたお客様、まことにありがとうございました。
また、回数を重ねるごとに、野菜ソムリエの指導内容がパワーアップしており、本当に頭が下がります。
みんなで、地元宇城の味、熊本の味を広げていきましょう☆
野菜ソムリエによるピーマンのお話 photo
◆新鮮なピーマンを見分けるコツ◆
・色が濃くて、ハリツヤがあり、肉厚なもの。
・表面に斑点や傷がないもの。
・ずっしり重く感じるもの。
◆ピーマンの保存方法◆
水気や汚れを拭き取り、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存。また、冷凍する場合は、縦半分に切って種を除き、硬めに茹でて冷凍用の袋に入れておけば、1ヶ月ほど保存が可能です。傷がある場合は、取り除いて保存することをお忘れなく!
◆ピーマンの栄養◆
ビタミンA、C、Eが豊富で、皮膚や粘膜を丈夫にしてくれ、風邪予防や肌荒れにも効果的です。また、食物繊維が豊富なので、便秘改善にも効果を発揮します。
カラーピーマンやパプリカの方がその栄養素は高いとされます。
photo 『ピーマンと豚肉の豆板醤炒め』をご試食いただいているお客様から、「歯ごたえがあって、とても美味しい」とのお声をいただきました。
ピーマンはシャキシャキした歯ごたえと、鮮やかな色も味のうち。火を通しすぎないのがおいしさの秘訣ですね☆
パプリカやカラーピーマンなど、見ているだけで元気がでそうなビタミンカラー。残暑?猛暑?が続く中、スタミナつけて乗り切りましょう♪♪
野菜ソムリエによるゴーヤのお話
◆新鮮なゴーヤを見分けるコツ◆
・表面のイボイボがしっかりしていて、密集しているもの。
・緑色が濃く、ズシリと重いもの。
・小ぶりのものが味が良い。
◆ゴーヤの保存方法◆
乾燥に弱いので、ポリ袋に入れて冷蔵庫へ。または濡らした新聞紙に包んで冷暗所で(1〜2週間は保存可)保存。冷凍するときは、縦半分に切り、種とワタを取り、適当な厚さに切って冷蔵庫へ。使うときは半解凍ぐらいでそのまま炒めたり、加熱して使えます。
安くておいしい時期に、使う分をあらかじめ分けて保存しておくと便利ですね☆
◆ゴーヤの栄養◆
ゴーヤは水分が多く全体の95%を占めていますが、ビタミンCがキャベツの約2倍と豊富に含まれています。通常ビタミンCは熱に弱いのですが、ゴーヤのビタミンCに限っては強力で、加熱しても損なわれないという特徴があり、夏バテ予防にはもってこいのなのです。
また、ゴーヤの苦味成分が血糖値やコレステロールを低下させると言われております♪優秀野菜♪
photo 料理教室を楽しみに待っていたくださったお客様。真剣に話を聞いていただき、ありがとうございます。
ゴーヤの魅力は計り知れないですね〜☆
あまりにも好評でレシピ集が不足する事態が!!
ゴーヤ食べたいんだけど、料理のレパートリーが...
栄養満点なのは分かるけど、苦味が...って方も多いですよね?今日のゴーヤの佃煮、びっくりするほど食べやすく美味しい!!!
お弁当のおかずに、お酒のおつまみに、あっという間になくなっちゃう、我が家の定番になること間違いなし☆