photo
photo
photo
 2010/11/6(土)第6回 テーマ食材:トマト&レモン 
11/6(土)に料理教室第6回、最後の野菜ソムリエによる、料理教室が開催されました。
最後の料理教室ということもあり、「淋しいね」って担当の江口マネージャーと話していたところでしたが、なんだかいざ始まってみると、バタバタ...バタバタバタ...。あっという間に終わってしまった気がします。
本日も沢山の方にお話を聞いていただき、おいしい宇城の味を少しでもお伝えすることが出来たことをうれしく思います。
ご協力いただきましたソムリの皆さまには、心から感謝しております。
地域に密着した、地域ならではの料理教室を通じて、たくさんの笑顔が宇城彩館に溢れました。
私自身も第1回からリポートさせていただき、ますます宇城という地元が誇りとなりました。
宇城市らしい宇城市の魅力を十分に活かした更なる発展に期待し、我々も発信役として、宇城彩館がなくてはならない場所となるよう、今後もより一層の努力を重ねていく所存です。
今後も何かしらの形で、皆さまとの交流の場を設けることが出来ればと考えております。
また、ご参加いただきましたお客さま、サポートしていただきました関係者の皆さま、それから、この「当日の様子レポート記事」を読んで頂いております皆さまに、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。 fin...
野菜ソムリエによるトマトのお話
◆新鮮なトマトを見分けるコツ◆
・鮮度はヘタをチェック
ヘタが緑色で生き生きしているものほど新鮮・先端に星状の線が出ているトマトはものすごく甘くておいしいですよ。ひび割れは味が落ちますので、確認ポイントです。
・丸い形のものほどGOOD★☆★
角ばっているのは中が空洞のものが多いです。全体が丸いものを選んで!
◆トマトの保存方法◆
赤く熟れたものは冷蔵庫(5℃〜7℃)で保存します。まだ青みが残っている未熟なトマトは室温で赤くしてから冷蔵庫へ。この青いトマトが好きって方もいらっしゃいますよね?!いない?!ちなみに私は、ちょっと青みが残っているのが個人的に好物♪熟れ過ぎ防止は、ポリ袋に入れて密封するのがポイント。
たくさん手に入ったらピューレにしておくと便利。トマトはサラダや、トマト煮、スープの味付け、ピザのトッピング、パスタソースなど、用途はさまざま。毎日の料理に大活躍すること間違いなし!!
◆トマトの栄養◆
「トマトが赤くなると医者が青くなる」というほど、トマトにはさまざまな効能があります。中でも、血圧を下げる効果が高く低エネルギーなので、生活習慣病にはもってこいの食材なのです。
宇城地区では沢山のトマトが栽培されおり、宇城を代表する農産物といえます。トマトをたくさん食べ、健康な毎日を送りましょう。
野菜ソムリエによるレモンのお話
◆新鮮なレモンを見分けるコツ◆
・手に持ってみて形よりも重みを感じ、表皮がなめらかでツヤとハリがあるものを選びます。
・レモンの香りが強く、やや柔らかめのものがおすすめです。
◆レモンの保存方法◆
レモンは乾燥を防ぐため、ラップにくるんで野菜室で保存しましょう。半分の状態で保存する場合は、切り口を乾燥させないようにして、保存しましょう。また、絞ってアイスキューブ型にして冷凍保存するという方もいらっしゃいます。
沢山ある場合は、はちみつ漬けにして紅茶に入れたり、レモン酒にしてもいいですね。
今回の料理教室でも公開した、レモンジャムもとってもオススメです。皮も使っているので、ビタミンCたっぷり♪
◆レモンの栄養◆
レモンの栄養成分といえば、やっぱりビタミンCですよね。ビタミンCの摂取には、皮ごと食べるようにすると効果的です。
また魚との相性が良く、臭み消しに仕上げや下ごしらえで利用したり、魚を洗うときにレモン水を使ったりなど、使い道は無限大♪
料理教室では、バジルを使った料理、アロエを使った料理も行われました。バジルの香り、アロエの食感が癖になりそう。
いつもの料理に取り入れるだけで、なんだかおしゃれな食卓になりますね。美容成分たっぷりでおしゃれ。女性に人気なワケが分かります♪
photo