photo
photo プロフィール
名 前: 光田 ひとみさん
会 社: Little Farmer's Bakery GOTO
品 目: 天然酵母パン
生産地: 下益城郡美里町
WEB: HP ・ BLOG
経 歴: 30余年の関西生活を経て、平成19年から熊本と奈良を往復する生活へ。 その後、平成21年12月に主人と共に両親の住む熊本県美里町に完全に移り住む。大阪在住時にパン教室に通い講師免状を取得。その後、調理師資格も取得。平成21年11月、念願の自家製有機小麦と自家製天然酵母を使用したパン屋を開店。
photo 譲れないこだわりを持ち続けているからこそ、信頼できる。
Little Farmer's Bakery GOTO(以下LFBGでの省略)のこだわりは、自給自足。生産から販売までを自分たちの手で携わって行きたいんです。と語るのはオーナーの光田ひとみさん。
始まりは田畑で、終わりはお客様の笑顔。自分の目で見続けているからこそ、安心安全でおいしいと自信を持って言えるのだと感じました。
手間暇かけて栽培した美味しくて新鮮な野菜や果物といった原材料。バターや砂糖などの調味料も厳選されたもの。食べてくれる人の為に、おいしいと喜んでくれる人の為に、ただひたすら想いを込めながら、光田さんのパンは作られています。こうして、私たちの食の安全は守られているということを、沢山の人に知って頂きたい。
今の日本では当たり前のことかもしれない。しかし、それを当たり前に思えることが、どれだけ恵まれていることか。私たち消費者のために、力を尽くしてくれる作り手がたくさんいることに、感謝です。「当たり前であることがありがたい」。。。
おいしい理由が分かりました。 photo
LFBGのパンの特徴は、もっちりとやわらかく、なのに弾力がすごいんです。素材がそのまま活かされ、かみしめるほど深くなる味わいが印象的です。
そのワケは、パンに使用する材料のほとんどが自家生産。パン用の小麦もいずれは100%自家製有機小麦で作るのが目標とのこと。年々作付面積を拡大し、うまくいけば来年の収穫量で、LFBGのパンの80%は自家製小麦でまかなえるそうです。豊作を祈ります。
そして、おいしさ最大のワケは、使用する酵母。楽健寺酵母と呼ばれるもので、野菜や果物、穀物といった自然の恵みで出来たパン種なのです。発酵するスピードもゆっくりで、たいたい6時間、気温次第では、それ以上の時間と手間を掛けているそう。自家製の野菜や果物を使ったこだわりの酵母。おいしい理由が分かりました。毎朝早朝に畑から収穫してきた野菜や果物をもとに出来上がったパン。 材料ひとつひとつにパワーがある、そんなパンです。
そんな一押しのパンは、宇城彩館パン売り場で好評発売中。しっかりファンがついていらして、午前中で完売することはめずらしくありません。絶対に食べてみたいと言う方は、LFBGの店長ブログで納品時間を確認していくことを強くオススメします。もう食べないと気がすまないと言う方は、予約していくことを猛烈におすすめします。是非、ご賞味あれ。
photo 一人でも多くの人に美味しいものを・・・
無添加にこだわる光田さんにその理由を尋ねてみました。
光田さん:「アトピーやアレルギーで困ってる方が多くいらっしゃる今、そんな方にもおいしいものを食べて欲しいんです。アレルギーを持ってる子供に、おいしいものを食べさせてあげたいという、お母さん達の優しい気持ちに応えたいんです。」そうおっしゃいました。 じ〜ん(感動)
私の甥もアレルギーで、色んな制限がありました。子供ながらに、「かゆくなっちゃうから、食べちゃだめ」ってことがちゃんと分かってて、頑張って我慢してる姿を見て、切なくなったり。
だから、そんな風に思ってくださる作り手の方がいらっしゃるのが、本当にうれしい。
そういう悩みをお持ちの方、光田さんに相談したら作ってくれると思います。とびきりおいしいものを(^ ^) 「○○アレルギーなので、その食品を使わない、美味しいパンが欲しい」とお願いすれば、喜んで作ってくれると思いますよ〜♪ それにLFBGのパンは、野菜や果物を使った酵母だから、「パンを食べながらに野菜を食べられる」というのもうれしいところですね。
次々に新作パンが登場するので、そちらも要チェック☆