photo
photo プロフィール
名 前: 坂園 康勝さん
会 社:
品 目: コメ(勇作くん認定)・小松菜・山東菜・水菜
生産地: 宇城市三角町
WEB:
経 歴:
photo 研究、そしてチャレンジ。
一番のこだわりは、研究と実践です。そう力強くおっしゃった坂園さん。テレビや本などの情報や、先輩農業者の方から習った新しい技術を、自分の田園でも恐れず実践していらっしゃいます。
マニュアルだけでは成し得ないのが、自然を相手にする農業の難しさ。『地域が違えば気候も土も水も違うため、自分の田園でも、狙った効果が得られるかは、やってみないと分からないんです。成功の確約はどこにもないけれど、いいものを作る為には進化しないといけない。時には大失敗することもあるけれど、なぜ失敗したのかを紐解くことで、 納得して受け入れ、そうすることが次に繋がる。そう思えば、なんにでもチャレンジできます。』そう語っていただきました。進化する為の研究、次に繋げる為の実践は、後世に伝えるべき遺産ですね。
農薬を減らすことは、努力を増やすこと。 photo
農産物を生産するにあたって一番大切にしていることは、私たち家族も含め毎日食べるものだからこそ、農薬をはじめとする化学肥料は 極力避けたいという熱い想い。農作業でどうしようもなく農薬散布をする場合でも、木酢液を混合することで、通常の使用量よりも5割削減して調合し、農作物の吸収量をできるだけ減らす工夫をしているとのことでした。 今現在も、もっと農薬を減らせないか、化学肥料ではなく、なおかつ化学肥料の代替となるものはないか、を日々研究し、実践しておられる坂園さん。成果は確実に出てきているとのことで、化学肥料のみで栽培するより、色ツヤ、旨みの向上に成功され、更なる活躍が期待されています。 坂園さんオリジナルの肥料の開発をし、健康に良い、美味しい作物を生産するのが、農業人生のテーマと決め、精力的に取り組む姿勢に、とても心強い気持ちになりました。
photo 強敵との戦い!!
坂園さんの田園は、宇城市三角町にあります。三角町は、周りを不知火海と有明海に囲まれた地域です。温暖な気候と潮風の影響で旨みの高い作物が栽培できます。・・・が!!! それは同時に、害虫にも好条件ということになり、四方八方から来る強敵(害虫)たちから、作物を守ることが百姓としての腕の見せ所とのこと。ん〜、至難の業ですね。 それに加え、坂園さんの農法は、農薬・化学肥料(農材コスト)を減らすことをテーマとしている為、その対価として頻繁になる草刈や田園の見回り観察、虫を見つけ、手で殺虫するという途方もない作業労力(人件費)。 徹底した草刈り、手作業農具で細かな場所の草も残さない。これを行うことで害虫の住み家を減らすことが出来るのです。夏場は特にこの作業が重要なのですが、近年の猛暑の中、たびたび35度を超える気温下ではとてつもなく厳しい作業となります。 きれいに刈り込みをしても、1週間〜10日程度で元通りに雑草が繁茂し、また刈り込む・・・想像しただけで・・・
手間がかかる分、大量生産が出来ない為、出品数が少なく不揃いでも少々価格が高くなっているとのことです。
「自信を持って皆様に喜んでいただける作物を提供しています。金額に見合う安心安全と研究実行力とで、お返ししていきたい。」そう語る坂園さんのお顔は、熱意でいっぱい。
健康志向が高まる近年、ニーズにお応えすべく、自然と共存していらっしゃいました。
photo
坂園さん家のRecipe
〜材料〜
小松菜 : 適量
油揚げ : 適量
〜作り方〜
味噌の味が決まってから、小松菜を葉と茎の部分に時間差をつけて投入し、歯ごたえを楽しむことがポイント!
栽培の苦労が報われる、ほっとする味。
是非、作り手の想いを感じながら食べて欲しいと思います。